リファラル採用のMyReferが実施する、Salesforce連携を軸としたpickupon活用術とは

目次

0.MyRefer様会社紹介

1.pickupon導入について

 インタビュー動画
 pickupon活用術-Salesforce連携- 

2.組織の変化とワークフローの見直し

3.これからのpickuponに期待すること

4.インタビューを終えて


0.MyRefer様会社紹介

「つながりで日本のはたらくをアップデートする」をビジョンとして、2015年からリファラル採用を活性化させるクラウドサービス「MyRefer」を提供。

日本で先駆けてリファラル採用の市場を啓蒙し、2021年3月には「Japan Referral Recruiting Award 2021」を開催。

HR業界をアップデートし続けるビジョナリーカンパニー。

スピード感ある事業拡大を続け、営業効率最大化のためにpickuponをどのように活用いただいているのか、同社取締役COO細田様にお話をお伺いしました。


1.pickupon導入について

pickupon活用術-Salesforce連携-

ーーーpickuponはワークフローの中でどのようにお役立ていただいていますでしょうか?

 

 インサイドセールスを行う上で、”電話”というコミュニケーションには全てピクポンを使用しています。ピクポンで架電すると、その履歴が自動連携してセールスフォースに残る。内容としては、未着電・着電・NG・アポ獲得など、様々なタグで記録出来ます。アポを獲得した後も、ピクポンのタグを使えば「誰にいつのアポを取ったのか」といった状態を見ることが出来るので、架電内容によってセールスフォース内で自動ToDoが作られるというフローを構築することが出来ています。


2.組織の変化とワークフローの見直し

ーーーMyRefer様は短期的に組織や戦略がアップデートされていくお伺いしました。そもそもどういった理由で大きく組織を変革するのでしょうか?


 当社のミッションは雇用の「最適配置」と「流動化」を支援し、社会発展に貢献することであり、はたらくをアップデートするというビジョンを掲げて事業成長を続けております。スピード感をもって事業拡大を目指していくためには、当然積極的に採用活動を行っていきますし、組織や事業フェーズに合わせて戦略もアップデートされるため、

中長期を見据えた組織体制の構築もしかり、短期的に変化する体制や戦術に対してワークフローをアジャストしていく必要がある

と考えているためです。


ーーーそのような環境の中でワークフローの見直しのタイミングや改善の基準はありますか?


 上記でも伝えた通り、営業戦略や戦術をアップデートするタイミングで検討することが多いです。
 例えばpickuponを導入検討をした時期は、InsideSales組織の組織増員を図るタイミングでもありました。プロフェッショナルな人材が集まって業務遂行をしていた時期から、新規入社者の早期戦力化を行うために、業務内容を体系化して組織内に連続性を持たせようと思い、「InsideSales側が工数少なく」「ノウハウの共有がしやすそうだった」pickuponを導入することになりました。

 特に「いかに利用者(Salesなど)に負荷をかけないサービスか」という点や「本質的に課題を解決できそうか」どうかは新規サービスを導入する際に重要視をしています。型だけのワークフローで事業が前進していなければ本末転倒だと思いますので。

オフィスに飾られた様々な表彰状


3.これからのpickuponに期待すること

ーーーpickuponに対して今後期待することはありますか?


 最近あったらいいなと思うのは、架電して繋がらなかった場合に自動で「未着電タグ」が選択される機能ですかね。今は着電しなかったら「未着電タグ」を手動で選んでいますけど、それも省ける作業かなと思っていて。例えば、5分以上話しているのに「未着電タグ」を選択しようとしたらエラーが出る、といったミスの防止が出来るといいなと思います。
 将来的には「着電/未着電に応じて自動でタグが入り、セールスフォースも自動で連携する」というような使い方をしてみたいです。


ーーー確かにタグが多いとミスも発生しやすいですもんね。弊社でも今まさに不在に関して開発をどうしようかと話し合っている所です。どうしてもインサイドセールスの方って、折り返しがかかってくることが少なかった。でも不在に関しても、データとして持たせた方がいいのではないかと議論しています。そういった文脈で言うと、未着電と不在着信の関連で改善していける部分はあるかもしれません。今後しっかりと検討させていただきます。


(不在着信時にslack通知が来る機能をリリースいたしました!:詳細はこちら)


4.インタビューを終えて

pickuponはMyRefer様にとって初めてのCTIになります。多くのCTIの中から、pickuponをご選択いただいた理由に、顧客志向の私たちの姿勢とSalesforseの連携性を挙げてくださったこと、本当に光栄です。

インタビュー時にご説明頂いた、常にアップデートする戦略的なフロー、緻密なデータ分析、それに基づく圧倒的な活動量は圧巻です。そしてそれらを惜しげもなく見せてくださったのは、私たちに期待してくださってるからこそだと思います。

ご期待に添えるべく、現行よりもさらにMyRefer様や全てのSalesforseユーザーの皆さまにとって使いやすいCTIとなるよう、ブロダクトのブラッシュアップに邁進していきます。

ご多忙の中、お時間いただき本当にありがとうございました!